よくあるご相談①無理やり本番行為をしてしまった

Q : 無理やり本番行為をしてしまいました。私は逮捕されるのでしょうか。

A : 逮捕されるおそれがあります。

刑法177条は、「13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、5年以上の有期懲役に処する。13歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。」と定めています。

したがって、もし本当に無理やり本番行為に及んだのだとしたら、強制性交等罪として逮捕・起訴されるおそれがあります。

そのような事態を防ぐためにも、ぜひ一度グランシエル法律事務所にご相談ください。

よくあるご相談②合意の上で本番行為を行ったのに…

Q : 合意の上で本番行為をしました。ところが、サービス終了後になって突然、女性キャストが無理やりされたと言っています。合意の上で本番行為を行ったのだから、私は逮捕されませんよね。

A : 逮捕されないとは限りません。

通常この種の案件では、目撃者等はいません。ですので、女性キャストの同意があったかなかったかは水掛け論となるのですが、場合によっては、警察が同意はなかったに違いないとの心証を抱き、そのような心証に沿って捜査を進めていくおそれがあります。

そのような事態を防ぐためにも、ぜひ一度グランシエル法律事務所にご相談ください。

よくあるご相談③盗撮したのがバレた

Q : スマートフォンを用いてサービスを受けている状況を無断で撮影したところ、女性キャストにバレてしまいました。私は逮捕されるのでしょうか。

A : 逮捕されるおそれがあります。

盗撮行為は、各都道府県が定める迷惑防止条例、軽犯罪法第1条23号、刑法第130条に抵触する行為です。また、盗撮行為を行うと、民事上もプライバシー侵害を理由に損害賠償請求されるおそれがあります。

盗撮行為を行ってしまった方は、ぜひ一度グランシエル法律事務所にご相談ください。

よくあるご相談④お店側から高額な違約金を請求されている

Q : 風俗・デリヘルでトラブルを起こし、お店側から違約金として高額なお金の支払いを要求されています。支払う必要はあるのでしょうか。

A : ケースバイケースですが、支払う必要がないといえるケースが多いです。

もっとも、法律的に支払う必要がないとして支払を拒否していると、お店側から執拗に連絡がきたり、場合によっては自宅や職場まで押し掛けてきたりするおそれがあります。

お店側から高額な違約金の支払いを請求されてお悩みの方は、ぜひ一度グランシエル法律事務所にご相談ください。

よくあるご相談⑤何度も電話がかかってくる

Q : 風俗・デリヘルでトラブルを起こし、お店や知らない番号から何度も電話がかかってきます。無視していたらいいのでしょうか。

A : ケースバイケースといえます。

何も問題なことをしていないのであれば、放っておいてもいいかもしれません。

もっとも、たとえば、無理やり本番行為を行ったり、盗撮行為を行ったりしていた場合に無視し続けていると、自宅や職場に押し掛けられたり、内容証明郵便などを送られてきたり、場合によっては刑事事件化するおそれがあります。

何度も電話がかかってきてご不安な方は、ぜひ一度グランシエル法律事務所にご相談ください。

よくあるご相談⑥家族・勤務先にバラすと脅迫されている

Q : 風俗・デリヘルでトラブルを起こし、「違約金を支払わないと家族や勤務先にバラす」などと言われています。どうしたらいいでしょうか。

A : 早期に弁護士にご相談ください。

「違約金を支払わないと家族や勤務先にバラす」と告げて金員を要求する行為は恐喝未遂罪に該当する行為です。

もっとも、ご自身でそのことを指摘しても止まないケースが多いのが実情ですし、場合によっては本当に自宅や勤務先に押し掛けてくるケースもあります。

弁護士が介入することにより、そういった事態を防げる可能性が高まります。
家族・勤務先にバラすと脅迫されてお困りの方は、ぜひ一度グランシエル法律事務所にご相談ください。