解決事例①本番トラブル~兎我野町①~

大阪キタの風俗街である梅田の兎我野町で起こったトラブルです。

20代公務員のご依頼者様は、サービス利用中に欲情してしまい、女性キャストが明確に本番行為を拒否する意思を示していたにもかかわらず、無理やり生殖器を挿入してしまいました。行為終了後、女性キャストはすぐにお店に連絡し、かけつけたお店の男性スタッフが警察に通報しました。

警察に被害届を提出する前に弊所にご相談・ご依頼を受けたため、即日、弊所弁護士が女性キャスト・お店側と示談交渉を開始し、5日後に示談がまとまりました。その結果、ご依頼者様は逮捕・起訴されることなく事件は終結しました。

解決事例②本番トラブル~堂山町①~

大阪キタの風俗街である梅田の堂山町で起こったトラブルです。

40代会社員のご依頼者様は、サービス利用中に欲情してしまい、抵抗する女性キャストの体を押さえつけ、本番行為に及びました。行為終了後、女性キャストはご依頼者様がシャワーを浴びている間に、お店と警察に連絡をし、ご依頼者様は駆けつけた警察官に逮捕されてしまいました。

ご依頼者様のご家族の方からご相談を受け、即日、ご依頼者様のもとに接見に行き、正式にご依頼を受け、すぐに女性キャスト・お店側と示談交渉を開始し、10日後に示談がまとまりました。その結果、ご依頼者様は勾留延長されることなく身柄を解放され、不起訴処分となりました。

解決事例③本番トラブル~十三①~

大阪でも有数の歓楽街である十三で起こったトラブルです。

20代学生のご依頼者様は、女性キャストが本番を行うことについて同意したことから本番行為に及びました。ところが、行為終了後になって突然、女性キャストが同意していなかったと言いだしてお店に連絡し、駆けつけた男性スタッフから高額な違約金の支払いを請求されました。

お店側から1日100回近く電話がかかって鳴っていたため、怖くなったご依頼者様は弊所にご相談に来られました。そして、ご依頼を受けたため、即日、お店側に連絡を行い、高額な違約金を支払う法的根拠がないことなどを説明しました。その結果、お店側から連絡がくることはなくなりました。

解決事例④本番トラブル~難波①~

大阪ミナミ(難波)の風俗街で起こったトラブルです。

30代会社員のご依頼者様は、女性キャストが本番を行うことについて同意したことから本番行為に及びました。行為終了後、ご依頼者様がシャワーを浴びていたら、突然男性スタッフが現れ、そのままお店に連れて行かれ、身分証の写しを取られた上、違約金として100万円を支払う旨書かれた示談書にサインしてしまいました。

不安になったご依頼者様は弊所にご相談に語られました。そして、ご依頼を受けたため、即日、お店側に連絡を行い、示談書が法的に無効であることなどを説明するとともに、身分証の写しを引き渡すよう求めました。その結果、お店側はこれ以上請求しないこと、身分証の写しを引き渡すことを約束し、後日、身分証の写しも受け取りました。

解決事例⑤盗撮トラブル~日本橋①~

大阪でも有数の歓楽街である日本橋で起こったトラブルです。

20代自営業者のご依頼者様が、サービス利用中に、女性キャストに無断でその内容を撮影していたことが女性キャストに発覚してしまい、駆けつけた男性スタッフから被害届を提出しない代わりに高額な違約金を支払うよう請求されました。

ご依頼者様からご相談・ご依頼を受けたため、即日、お店側と示談交渉を開始し、その日のうちに示談がまとまりました。その結果、ご依頼者様は、示談金の金額をかなり減額できたとともに、刑事事件化を回避することもできました。

解決事例⑥盗撮トラブル~桜川①~

大阪ミナミの近くであ桜川で起こったトラブルです。

40代公務員のご依頼者様が、サービス利用中に、女性キャストに無断でその内容を撮影したことが女性キャストに発覚してしまいました。女性キャストはすぐにお店に連絡し、かけつけたお店の男性スタッフが警察に通報しました。

警察に被害届を提出する前に弊所にご相談・ご依頼を受けたため、即日、弊所弁護士が女性キャスト・お店側と示談交渉を開始し、翌日に示談がまとまりました。その結果、ご依頼者様は逮捕・起訴されることなく事件は終結しました。

解決事例⑦不当要求~京橋①~

大阪でも有数の歓楽街である京橋で起こったトラブルです。

30代会社員のご依頼者様が、サービス終了後、帰宅している途中にお店から連絡があり、女性キャストを他店に引き抜く行為を行ったとして、高額な違約金の支払いを請求されました。そのような事実は一切ないとして支払いを拒んだら、電話番号から住所を特定して訴訟を起こすなどと脅迫を受けました。

不安になったご依頼者様はすぐに弊所にご相談に来られました。そして、ご依頼を受けたため、即日、お店側に連絡を行い、高額な違約金を支払う法的根拠がないことなどを説明しました。その結果、お店側から連絡がくることはなくなりました。

解決事例⑧不当要求~天王寺①~

大阪でも有数の歓楽街である天王寺で起こったトラブルです。

30代会社員のご依頼者様が、サービス終了後、シャワーを浴びていたら突然男性スタッフが現れ、禁止事項である本番行為に及んだとして、そのままお店に連れて行かれ、身分証の写しを取られた上、違約金として100万円を支払う旨書かれた示談書にサインしてしまいました。

ご依頼者様は、後日、指定された期日に示談金のお支払いをせず、お店側からの連絡も無視し続けていたところ、お店から職場に連絡が来たり、職場まで押し掛けたりしてきました。

怖くなったご依頼者様はすぐに弊所にご相談に来られ、ご依頼されました。そして、即日、お店側に警告の電話をするとともに、警察とも連携して対応にあたりました。その結果、お店側から連絡がくることはなくなりました。